お仏壇の飾り方と宗派について

仏具の飾り方 本山
浄土真宗本願寺派 西本願寺
浄土真宗大谷派 東本願寺
浄土真宗高田派 専修寺
浄土真宗佛光寺派 本山佛光寺
浄土宗 知恩院
臨済宗 妙心寺南禅寺円覚寺建長寺
曹洞宗 永平寺・総持寺
天台宗 延暦寺
真言宗 高野山金剛峰寺
日蓮宗 身延山久遠寺

各宗派のお仏壇の飾り方、御本山をご紹介します。

地域によっても飾り方が多少違うことがありますので
詳しくは、お寺様にお伺い、御相談ください。

仏壇・仏具 大越仏壇

天台宗の飾り方

天台宗の飾り方
ご本尊は、釈迦如来様です。
他に阿弥陀如来様や薬師如来様、観音菩薩様、不動明王様などを祀ることもあります。いずれもご本尊の釈迦如来様が姿を変えて現れた仏様であると考えられているからでしょう。
また、御本尊の右側に高祖の天台大師を左側に伝教大師の絵像を祀ります
仏壇・仏具 大越仏壇

曹洞宗の飾り方

曹洞宗の飾り方
ご本尊は、釈迦如来様の木像です。
または、三尊仏御尊像の絵像様をお祀りします。
三尊仏様とは釈迦如来様を中央に、右側に道元禅師、左側に瑩山禅師の像を安置することです。
仏壇・仏具 大越仏壇

臨済宗の飾り方

臨済宗の飾り方
ご本尊は、釈迦牟尼仏様です。
または、観世音菩薩像をなどをお祀りする場合もあります。
脇侍として、右側にその菩提寺の本山の開祖、左側に本山を寄進した法皇の絵像を掛ける場合もあります。
または、右に達磨田大師、左に観音菩薩様を安置することもあります。
仏壇・仏具 大越仏壇

浄土宗の飾り方

浄土宗の飾り方
ご本尊は、阿弥陀如来様です。
阿弥陀如来様の立像で、舟形の光背のついた形を安置します。
ご本尊に向かって右側に観世音菩薩様、左側に勢至菩薩様を安置します。
これを弥陀三尊といいます。
両脇の段には、右に高祖善導大師様、左に法然上人様の像をお祀りします。
仏壇・仏具 大越仏壇

浄土真宗大谷派の飾り方

浄土真宗大谷派の飾り方
ご本尊は、阿弥陀如来様の立像ですが、絵像様が一般的です。
その両脇の向かって右側に“帰命尽十方無碍光如来”の十字名号、
左側に“南無不可思議光如来の九字名号を祀ります。
浄土真宗大谷派の具足の特徴は
鶴亀の火立、具足は色付けの無い真鍮の無垢。最近では金メッキも有。

浄土真宗本願寺派の飾り方

浄土真宗本願寺派の飾り方
ご本尊は、阿弥陀如来様の立像で、絵像が一般的です。
その両脇の向かって右側に親鸞聖人の絵像、左側に蓮如上人の絵像をお祀りします。
浄土真宗本願寺派の具足の特徴は
六角菖蒲、木瓜菖蒲の具足又は花鳥の具足を使います。
仏壇・仏具の大越仏壇

日蓮宗の飾り方

日蓮宗の飾り方
ご本尊は、お釈迦様の教えを表した「十界曼荼羅」のです。
また、一塔両尊をお祀りすることもあります。
日蓮上人の御影像は本尊の真下に奉安します。
仏壇・仏具 大越仏壇

真言宗のお仏壇の飾り方

真言宗の飾り方
ご本尊は、大日如来様です。
ご本尊を中心に、右に弘法大師、左に不動明王をお祀りしたり、大日如来様の具現仏である諸仏、諸菩薩様などをお祀りします。
派によっては、金剛界大日陀如来像を中心に左に光明曼荼羅をお祀りしたり、右に弘法大師、左に興教大師をお祀りする場合もあります。
仏壇・仏具 大越仏壇