金具仕分け
お仏壇を解体した時には金具がたくさん出てきます。
その金具を金具屋さんへ持っていき
色付けなおし、または金メッキ加工をお願いするのです。
写真は金具屋さんへ行く前の段取りで
金具の枚数を確認し
何が金メッキで、何が色付けする金具かを
各袋に入れ分けているところです。
中には破損している金具もあります。
そういうときは
・良く似た金具で補充。
・新たにその部分だけ新調。
を行います。
そのような指示も書き込む必要があります。

(さらに…)

木地屋さんから、さきほど帰ってきました。
木地屋さんも残業で
ちょうど日本シリーズのラジオ中継を聴きながら仕事をされていました。
木地屋さんいわく
新潟の村上漆器用の木地を製作しているとのこと。

(さらに…)

基礎は重要
お墓の基礎工事です。
中の配筋は10㎜の鉄筋を組んでいます。
中の息抜きの穴となる部分も
木枠を組んで施工。 
これで大きな息抜きの穴が出来ます。
(※ボイド管では大きな穴を施工できないので、当社はボイド管を使いません。)
基本に忠実に施工、これが大切です。

(さらに…)

柱立ち
お仏壇の種類は
名古屋仏壇、100代、お東です。
柱のホゾが固く、ちょっと削り、挿してみる・・
高さはどうか・・
間隔はどうか・・
宮殿の柱の仮組みをしているところです。
仕上がり予定は今月の半ばです。
黒い柱はお東の特長です。
(※お西の場合は金箔)
仏壇・仏具 大越仏壇

紋
紋の金具を鋳造し作りました。
右が、下がり藤(お西の紋:浄土真宗本願寺派の紋)
左が、八藤紋(お東の紋:浄土真宗大谷派の紋)
渋い感じでなかなか[emoji:i-87]
仏壇・仏具 大越仏壇

抜いた釘
お仏壇を修復する時には、お仏壇本体を解体する必要があります。
解体するときは、釘で固定してあるところを確認し
クギを一本一本外しながら解体します。
金具ももちろん釘で打ち付けてあります。
一方で、金具は色付けなおしを施し、再利用しますので
再利用できるように注意しながら作業します。
これが手が痛くなる作業です。
お仏壇1基の釘を外すだけでも1日以上掛かります。
その結果、抜いた釘がこれだけたまります。
※写真は金具分の釘のみです。
仏壇・仏具 大越仏壇

職人
今日は、鋳物職人さんは休日なのですが
そこをなんとか、鋳物職人さんの協力をえて
先ほどあるものを製作していただきました。
ありがとうございます。

錦鯉品評会
今日は福岡町の役場で催し物があります。
当社も参加しております。
さて、福岡町は鯉の養殖でも有名なのです。
さきほど品評会が行われていました。
丸まると太って、見事な錦鯉です。
まさに泳ぐ金仏壇でなく、泳ぐ宝石。
鯉の寿命は70年ほどで
これだけ大きく育つのには20年以上は掛かるそうです。
もしかすると、これらの鯉は同級生かもしれないですね。

金具
金具をお仏壇の扉に打ち付けているところです。(昨日の写真)
扉一枚の内側に金メッキの金具を10枚打ち付けます。
金具の目的は一般的には“装飾”と思われています。
確かに!
金具を多く取り付けたら豪華になります。
実は、金具には他にも大切な役目があるのです。

(さらに…)

金箔
金箔です。
金沢から仕入れて、外梱包を開けるとこのような
小分けになっています。
小分けと言っても、

(さらに…)

97 / 99« 先頭...20406080...97...最後 »