大越仏壇のSNSでは、日々新鮮な情報が発信されております!
一番ホットな情報はこちらからどうぞ!

YOUTUBE20200123
▼Youtube  →→→ 「大越仏壇」で検索!
(https://youtu.be/3Tew6b1rlbo)

FB20200123
▼Facebook →→→ @oogoshi.co.jp
(https://www.facebook.com/oogoshi.co.jp/)

Twitter20200123
▼Twitter  →→→ @oogoshichannel
( https://twitter.com/oogoshichannel )

Insta20200123
▼Instagrm →→→ @oogoshibutudan
( https://instagram.com/oogoshibutudan?igshid=31b55yb2b2pj )

是非是非、覗いてみてくださいね~~!

82154916_168138537730445_5210640523777277952_o

年はじめの「朝活de笑いヨガin大越仏壇」は、朝のラジオ体操と朝礼の後、全社員で実施しました!!

82668082_168138561063776_1756161476785078272_o
81762603_168138591063773_7489385811226394624_o

ブランコ笑いは、40人以上の超巨大な円陣を作って、わははははー!!!

81489714_168138741063758_8951678410074095616_o
81552267_168138707730428_4447395195708768256_o
81598876_168138677730431_6532698188392955904_o
81399953_168138651063767_6094849662957649920_o
81363128_168138624397103_2549950207081054208_o

今年も笑いヨガパワーで元気よく突き進んでいきます!

400pc51I2dL-22YL._AC_SY400_ML2_

滝本仏光堂さまがオススメされていた『こころを磨くSOJIの習慣』を読みました。

雑念であふれた頭をリセットし、研ぎ澄まされた感性と穏やかな心を取り戻すマインドフルネス、
それがSOJI!

この本の中で、食べ物の「ミョウガ」の名前の由来について書かれていたところが面白かったです。

お釈迦様のお弟子の中に、「周利槃特(しゅりはんどく)」という、とても物覚えの悪い方がおられました。
周利槃特は、自分の名前すら覚えられないので、いつも首から名札をぶら下げていたそうです。

お釈迦様のありがたい教えも、朝に覚えても昼にはすっかり忘れてしまいます。

そんな周利槃特にお釈迦さまは「自分が愚かであることに気がついている人は、智慧のある人です。
自分の愚かさに気が付かないのが、本当に愚かな人です。」と説き、周利槃特に「チリを払おう、垢を除こう」と唱えながらほうきで掃除をするように指示しました。

それから周利槃特は、雨の日も雪の日も、暑くても寒くても、
一日も休むことなく「チリを払おう、垢を除こう」と唱えながら掃除を続けました。

そしてある日、「そうだ、チリや垢とは、私の執着のこころのことだったのだ」と気が付き、
ついに悟りを得るに至ったのでした。

その後、周利槃特が亡くなったお墓の後に、珍しい植物が生えてきました。

周利槃特は首から名札をかけていたので、その植物には「茗荷(ミョウガ)=自分の名前を背負って歩く人」
という名前が付けられたということです。

仏道を歩むということは、決して多くを覚えることではなく、なすべきことを徹底することが大事なのです。
周利槃特は真剣に掃除をすることで、ついに悟りを開くことができたのです。

ただ漫然と掃除をするのではなく、一心不乱に、専念して掃除をすることで、集中力が高まり、
心が整い、創意工夫が生まれ、意味が出てくるのだということです。

当社が取り組んでいる5S活動(整理・整頓・清掃・清潔・躾)にも通じるものがありますね。

ちなみに、この本のタイトルは「掃除」ではなく、「SOJI」とローマ字で表記されています。

前作「お坊さんが教えるこころが整う掃除の本」の英語版が発売され、掃除を「cleaning」として
翻訳されたことで、英国の記者から
「英国では掃除=cleanigという作業は誰かほかの人に外注しています。それではいけないのですか?」
と聞かれたそうです。

それに対して、
「掃除は修行であり、単なる作業とは違います。
あなたは坐禅や瞑想を、お金を払って誰かほかの人に自分の代わりににやってもらいますか?」
と尋ね返したそうです。

それ以来、掃除を海外で説明するときに、「SOJI」として伝えている、ということです。

いい本でした。

180618B→A正面
当社のお仏壇修復がどのようなものか、現物で一目でわかる
「修復仏壇 ビフォー・アフター」の製作を工場で行い、

        完成いたしました!!

上↑は仏壇正面の写真です。

次は扉を開いた状態。
180618B→A戸開
障子下腰蒔絵も書き直し、きれいに仕上がっております。
黒ずんだ部分もピッカピカになりました!

最後は障子を開いた状態。
180618B→A障子開
修復は下地塗りから全てやり直し、金箔も大変きれいになりました。
お仏壇修復の素晴らしさをみなさまに知っていただきたく、
工場の職人全員の力で一生懸命作りました!

写真では分かりにくい部分もありますので、ぜひ大越仏壇本社までお越しいただき、
現物をご覧ください!

なおこの「修復仏壇 ビフォー・アフター」は
6月29日(金)・6月30日(土)・7月1日(日)に高岡テクノドームで開催する
「第2回 仏壇・墓石 大フェスティバル」にも展示いたします。

皆様のお越しを社員一同お待ちいたしております!

180512-1永井様仏像塗り箔修理前
仏像塗り箔修理前です。

180512-2永井様光背
光背部分

180512-4永井様仏像斜め写真
修理後です。(斜め画像)

180512-3永井様仏像修理後
衣も台座も光背もきれいになり、心なしかお顔もうれしそうです。