仏壇

仏壇・仏具 大越仏壇
お問い合わせ

仏壇

仏壇の種類

高岡型仏壇

高岡型仏壇

富山県に非常に多いお仏壇です。
木地はクサマキが好まれます。上物では銀杏も使います。
金具の産地で、金具にも3色~4色の色付けを施します。
また、お仏壇本体の両脇上下に袖という箱状の物を取り付け、仏間の両脇の隙間キッチリ納めます。金箔押し技法も光押しが主流でした。塗に関しても多様な塗技法を施します。
城端型仏壇

城端型仏壇

富山県の南砺地域に多いお仏壇です。
南砺地域は浄土真宗大谷派の方が多く、お仏壇の下段・中段等は朱塗り、箔は現在でも光押しが主流です。
飾り金具、無垢欄間、金箔など高岡、金沢の特徴を引き継いだお仏壇です。
金沢型仏壇

金沢型仏壇

北陸、全国的に有名なお仏壇です。
石川県と富山県の石川寄り地域に多く見られます。
特徴は、蒔絵が非常に多いことで、
扉にはもちろん蒔絵、大柱、小柱も蒔絵と大変豪華です。
木地は、クサマキが好まれます。欄間は、ムク木地です。
塗に関しても多様な技法を施します。
福井型仏壇

福井型仏壇

福井は永平寺で有名ですが、実は他宗派のご本山も多くあります。彦根地域から近いこともあり、彦根仏壇に若干似ています。金箔は、消押し。青貝、金虫食等々多様な技法を施します。仏間は、1間半(2.7m)のところも多いです。
日本有数の大型仏壇の地域です。
名古屋型仏壇

名古屋型仏壇

愛知県の尾張地区、一部岐阜、一部三重に多く見られます。
昔河川の氾濫による水害から仏様をお守りする為に、下台が高くなっております。お仏壇中に御文箱を入れたり、お仏壇にお寺様がお座りになる高座(畳)が仕込まれています。
日本有数の大型の仏壇です。
三河型仏壇

三河型仏壇

同じ愛知県下でも、名古屋型仏壇とは大きく違います。
お仏壇の欄間は、ウネリ欄間が特徴です。お仏壇中に御文箱を入れたり、お仏壇にお寺様がお座りになる高座(畳)が仕込まれています。こちらも木地は桧が好まれます。名古屋型仏壇、三河型仏壇で高価な造りは“御坊屋根”という造りです。
三国型仏壇

三国型仏壇

福井の三国地域には三国型仏壇があります。北前船によって京都や大阪の文化が伝わり、高い工芸技術により作られたお仏壇です。材料にはクサマキ、桧が好まれます。障子が無く、宮殿が1つ屋根、彫り物は無垢欄間、扉の蒔絵に特徴があります。金虫食い塗りなど凝ったお仏壇が多いです。
高田派の仏壇

高田派の仏壇

三重県、福井県、三河一部に多く見られます。
浄土真宗高田派の方のお求めが多いです。
特徴は昇り下りの龍彫りが両脇に施してあります。
上物には、龍の手に瑪瑙、翡翠の宝石が施してあります。
また、具足も、鶴亀ではなく、鳳凰と架空の亀、香炉には龍が表現してあります。