台座工事例 (高岡大兜の台座)

石台座工事施工例1_2010_02_13
高岡開町400年記念 大兜台座施工をさせて頂きました。
高岡の記念になる工事をさせて頂きありがとうございます。
場所:高岡商工会議所前
完了:2009年8月20日
仕様:台座天板 一枚石 
    台座の上楕円形も一枚石
仏壇・お墓 大越仏壇

巻き石工事の工法の違い

当社巻き石工事
Ⅰの方法(上の図)
 巻石を伏せたあと、石とコンクリートが一体になるように石に加工をしてから
 中のコンクリートを流し込みます。コンクリートが固まると石は、ずれません。(当社はⅠです。)
Ⅱの方法(下の図2つ)

(さらに…)

閻魔様設置

閻魔様
昨日閻魔様の石像を設置しました。
高さは170センチほど。

(さらに…)

電気自動車

電気自動車
ちょっと外で見かけたので写真とりました。
たしかここは
富山の自動車メーカーさん タケオカ自動車さんでは。
並んでいるのは電気自動車でしょうか?
目を凝らしてみても、確かに排気ガスの出口がありません。
もうすぐ電気自動車の時代がくるのですね。
お仏壇の修復・洗濯も、“再生”の1つと考えると
環境に優しいのです。[emoji:i-179]

屋根裏も

屋根裏も
お仏壇の修復です。
屋根裏も綺麗に仕上げました。
屋根下の出組み、蛇腹のようなところは金箔が入りにくく
こういうところも、見るポイントです。

(さらに…)

三河仏壇の背中

木地交換
写真はただいま修復中の
三河仏壇の背中です。
白いところは、新たに木地を新調し交換したところです。
木地交換をする理由は
・虫食い
・板の割れ
・板の反り
です。
木地を新調しましたので
更に長く御家庭の中心としてお使い頂けると思います。
これが洗濯ではなく、“修復”といえる理由の1つです。
仏壇・仏具 大越仏壇

修復完成

お仏壇100代修復
昨日完成しました
高岡仏壇100代三方開きです。
金具は金メッキ、色上げ直しももちろん施して
塗り部分は梨地、金箔は“光押し”です。
とても良い仕上がりになりました。
仏壇・仏具 大越仏壇

仏壇製造日記に引越しです。

さきほど、来月の生産計画を再確認していました。
年末なので、お仏壇工房は忙しくなります。
なんで?
それは、新しいお仏壇で新年を迎えたいという御要望が多いからです。
お仏壇を修復、新調を御検討される理由は
・ご自宅を新築された時
・御子息が御結婚される時
・法要が近い時(年忌法要など)
等々が多いです。
それにしても 薄くなったな~ (→横の写真) 
仏壇・仏具 大越仏壇

福井仏壇の欄間

仏壇・仏具 大越仏壇
福井仏壇の欄間、箔押しの途中の状態です。
これは200代のお仏壇の欄間で、図柄は親鸞聖人一代記です。
彫りが細かいので、筆を使い金箔を施します。
仏壇・仏具 大越仏壇

お仏壇の部品

仏壇・仏具 大越仏壇
お仏壇組立前の部品です。
写真の中の細長い8本のものは宮殿の柱、奥には障子の部品。右側には、供花。
その障子の部品には箔下蒔絵を施してあります。
お仏壇の部品は約160個ほどで、 たくさん部品がありますが、
手で1つ1つ箔を押していきます。
仏壇・仏具 大越仏壇

95 / 95« 先頭...102030...939495