お仏壇の修復内容をご確認して頂くため、
お客様を工房にご案内しました。

お仏壇をお盆までに綺麗にするために、
大越仏壇の工房で職人さんたちに点検をしてもらい、
お客様に直接見て頂きながら
修復の工程をご説明させていただきました。

修復2 0430
天井の板を外すと、普段はなかなか見えない
お仏壇のお屋根がはっきり見えます。

修復1 0430
立派な二重屋根は、キレイに金箔を貼って
仕上げさせていただきます。

修復4 0430
また、細かく細工が施されている立派な金具も、
元の通りに復元していきます。

破損が激しくて修復不可能なものは
新品と交換させていただきます。

修復3 0430
表戸、障子戸、蒔絵なども一つ一つの
作業工程と仕上がりをしっかり伝えることで、
お客様もご安心して修復をお任せくださいました。
ありがとうございます。

修復5 0430
お盆に美しく仕上がったお仏壇で
お参りしていただけるよう、がんばります。

ちなみに、お仏壇をお預かりした日は
朝から雨模様の天気でしたが、なぜか
お引き取りの時間帯は雨がやんでいて
空が晴れ渡り、順調に仕事ができました。

すばらしいご縁に感謝です。

(本店M)
***

大越仏壇HPはこちら
https://www.oogoshi.co.jp/

大越仏壇SNS、始めました!
一番ホットな情報はこちらからどうぞ!
▼Youtube  →→→ 「大越仏壇」で検索!
(https://youtu.be/3Tew6b1rlbo)
▼Facebook →→→ @oogoshi.co.jp
(https://www.facebook.com/oogoshi.co.jp/)
▼Twitter  →→→ @oogoshichannel
( https://twitter.com/oogoshichannel )
▼Instagrm →→→ @oogoshibutudan
( https://instagram.com/oogoshibutudan?igshid=31b55yb2b2pj )

2018.8小矢部

小矢部市にて、お仏壇の修復をさせて頂き、お納めいたしました

2018.8後
修復仏壇を納めさせていただきました。

小矢部市 N様

2018.8前
修復前の写真です。

長い間、使われてきたため金箔とれ、下の塗面が出てきていましたが、

塗り直しして、箔を置きなおしましたので輝きを取り戻しました。

180618B→A正面
当社のお仏壇修復がどのようなものか、現物で一目でわかる
「修復仏壇 ビフォー・アフター」の製作を工場で行い、

        完成いたしました!!

上↑は仏壇正面の写真です。

次は扉を開いた状態。
180618B→A戸開
障子下腰蒔絵も書き直し、きれいに仕上がっております。
黒ずんだ部分もピッカピカになりました!

最後は障子を開いた状態。
180618B→A障子開
修復は下地塗りから全てやり直し、金箔も大変きれいになりました。
お仏壇修復の素晴らしさをみなさまに知っていただきたく、
工場の職人全員の力で一生懸命作りました!

写真では分かりにくい部分もありますので、ぜひ大越仏壇本社までお越しいただき、
現物をご覧ください!

なおこの「修復仏壇 ビフォー・アフター」は
6月29日(金)・6月30日(土)・7月1日(日)に高岡テクノドームで開催する
「第2回 仏壇・墓石 大フェスティバル」にも展示いたします。

皆様のお越しを社員一同お待ちいたしております!

今年も残すところ1週間となりました。
大掃除をされると思いますが、お仏具のお手入れもしてみませんか?

その前に!ちょっと注意が必要です。

金メッキ・セラミック・色付けをしてあるお仏具は磨く必要はありません
万が一磨きますと、表面に施した加工が削れてしまう恐れがあります。

一般的な表面加工を施していない真鍮製のお仏具を磨くときは、金属磨き粉を
新聞紙に少しとり磨きます。彫物の部分は、歯ブラシで磨いてみましょう。

毎年、お仏具を磨いて大変だなぁ~っと思っておられるあなた!
今お使いのお仏具に金メッキ加工をしてみませんか?
綺麗になりますし、お手入れが楽になります。

before
金メッキ加工前

after
金メッキ加工後

印象も変わるでしょ?
仏具修理もお任せください!
問い合わせるのはいつ? ”今でしょ!”