0621-1大仏
どすーーーん!

イケメン高岡大仏さまです。

今回は番外編としまして、銅器のまち高岡を仏壇屋目線でぶら散歩してみました。

0621-2けいす
まず入口正面に目に付いたのは大きなけいす。
鳴らしてみたかったのですが、ちょうど団体客のガイドさんが大仏さんに
ついての説明をされていましたので、断念しました。

0621-3おりん
奥には十二支のおりんがありました。
確か高岡駅にもこの形状のおりんが置いてあったと思います。
発車ベルにもおりんの音が使われています。

0621-4仏画
壁に沿って13枚の仏画が飾られています。(暗くてきれいに写りませんでした。。)
この仏画のキャンバスにはかつて末広通りに生えていた「七本杉」が用いられているそうです。御神木とあがめられていましたが、老朽化もあり、また、商店街の道路を拡張するために昭和二年に切られたとのことですが、仏画という別な形であれ、今も残っているというのは感慨深いものがあります。

0621-5博物館
てくてく足を伸ばしまして、次は古城公園の中にある高岡市立博物館へ。

0621-6きんす喚鐘
伝統産業コーナーに、高岡銅器の喚鐘(かんしょう)と超特大の磬子(きんす・けいす)
が展示されていました。
喚鐘を製作した老子製作所には、小学生の頃に社会科見学で伺ったことがあるのを
思い出しました。

0621-7仏壇
そして高岡仏壇も展示されていました!

0621-8煮色金具
表金具には煮色仕上げ金具という赤褐色の金具が用いられています。
これは金具が大量に集まらない今では、できない加工だといわれています。

0621-9三方開
扉は三方開きで豪華です。
昭和12年、当時212円(現在の貨幣価値で約11万6千円相当)で購入されたもの
だということです。
貴重なものを見せていただきました。

0621すげ笠
大越仏壇本社のある福岡町の伝統的工芸品「菅笠」も展示されていました。

0621御印祭
この日は金屋町の御印祭(ごいんさい)が行われているようでした。
御印祭は、金屋町鋳物の基礎を開いた前田利長公をしのび、今日の高岡銅器の
隆盛を報告し、感謝する祭りです。
歴史都市高岡の伝統と文化に誇りを持つ心が脈々と受け継がれています。
いつか、金屋町にある鋳物資料館にも行ってみたいと思いました。

大仏と俊長くん
記念に大仏さんと利長くんバッヂを買いました♪

0619-1はじめ
6月19日(火)
富山テレビさんの取材を受けました。
金箔の作業の様子を撮影するそうです。

0619-2中
女性スタッフの方が3人
短い取材時間の中、テキパキとかっこいいです。

0619-3手元
手元のアップを撮っています。

0619-4小泉さん
様子が気になる小泉係長(笑)

0619-5金箔
金箔を押さえるとつなぎめがきれいになり、表面に輝きが出ます。
取材スタッフの方たちから「きれい~!」「ピカピカー!」「鏡みたい!」と、
感嘆の声があがりました。

0619-6物どり
物撮りにもじっくり時間をかけて撮影していました。
放送されるのはほんの数秒だとは思いますが、いろんなパターンでじっくりと丁寧かつ時間を無駄にしない、プロフェッショナルな仕事ぶりを見せてもらいました。

0619-7もふもふ
大きくて無骨でメカニカルなカメラについてるモフモフがちょっと気になりました。。

内容はまだ詳しくはわかりませんが、この取材の模様は
8月17日(金)の「BBTスペシャル」で放送されるそうです。
どんな風に使われるのか気になります~!

お楽しみに!!

0大越仏壇CMはじめ
大越仏壇のCMです。

1お釈迦様が亡くなり
お釈迦様が亡くなり

2みんな悲しみました
みんな悲しみました

3ひとめ会いに
ひとめ逢いに

4一生懸命走りました
一生懸命走りました

5お釈迦様は十二支を決められ
お釈迦様は十二支を決められ

6万物霊長の幸せを
万物霊長の幸せを

7見守り続けておられます
見守り続けておられます

8大越仏壇~
おおごし ぶつだん~♪

富山出身の方なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
夜9時ごろ?によく流れていた気がします。
かなり駆け足ですが、お釈迦様の入滅を昔話風にまとめ、
お子さんにも興味を持ってもらえるようなつくりになっています。

お釈迦様は動物相手にも説法をされ、動物たちにたいへん好かれていました。
ねずみが泣いていますね。
ねずみはお釈迦様のお使いとされる動物です。
お釈迦様がお腹をこわした時、ねずみはその薬袋を取りに行く役割でした。
しかし、道中で猫が邪魔をしてしまったため、お釈迦様は薬が飲めず亡くなってしまったという
伝説があります。

動物たちがお釈迦様に逢いに行こうと走っています。
順番を見て下さい。
先頭は牛、その背中にちょこんと乗っているのはねずみ。
お釈迦様の元に着いた時、ねずみは牛から飛び降りて一番になりました。
それがそのまま十二支になり、
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 となります。
この画像では辰の位置がちょっと微妙ですが(笑)このあとラストスパートをかけて
蛇の前に到着したんだと思いましょう!
最後、人間の子供も一緒にお釈迦様を囲み、ファンタジックな印象で締めくくります。

楽譜1
最後に流れる お~ごし ぶつだん~♪ を
音大出身の新入社員に楽譜をおこしてもらいました。

シ~シシ ドシラシ~♪
3つの音のみでかなりシンプルですが、耳に残りやすく、ふと思い出しやすい曲です。
直接会社のPR、商品のPR、ではないですが、心に残るCMではないかと思います。

当社のロゴにもこのお釈迦様と動物の絵が用いられています。
見ているだけで優しい気持ちになります。

CM動画は画面右上に貼り付けてありますので是非ご覧下さい。
You tubeでもご覧いただけます。

180618B→A正面
当社のお仏壇修復がどのようなものか、現物で一目でわかる
「修復仏壇 ビフォー・アフター」の製作を工場で行い、

        完成いたしました!!

上↑は仏壇正面の写真です。

次は扉を開いた状態。
180618B→A戸開
障子下腰蒔絵も書き直し、きれいに仕上がっております。
黒ずんだ部分もピッカピカになりました!

最後は障子を開いた状態。
180618B→A障子開
修復は下地塗りから全てやり直し、金箔も大変きれいになりました。
お仏壇修復の素晴らしさをみなさまに知っていただきたく、
工場の職人全員の力で一生懸命作りました!

写真では分かりにくい部分もありますので、ぜひ大越仏壇本社までお越しいただき、
現物をご覧ください!

なおこの「修復仏壇 ビフォー・アフター」は
6月29日(金)・6月30日(土)・7月1日(日)に高岡テクノドームで開催する
「第2回 仏壇・墓石 大フェスティバル」にも展示いたします。

皆様のお越しを社員一同お待ちいたしております!

くつ
大越仏壇富山店のすぐそばにある針原小学校から、
2年生19名のかわいいお客様が見学にいらっしゃいました!

くつはきちんと並べて…いざ、見学スタート!

見学1
仏様ってどんな人?

見学2
この仏具はどうやって使うの?

見学3
神棚へのお参りはどうやってやるの?

…などなど、興味津々の様子。。

おりんを鳴らしたり、お線香のにおいをかいだり、
普段なかなかできない体験ができたのではないでしょうか?

帰還
最後はみんな仲良く歩いて小学校へお帰りになりました。

子供のころからお仏壇に興味を持ってもらえるのは
仏壇店員としてはとても嬉しいことです!
おうちに帰ったら是非、家族と一緒にお仏壇や神棚にも
手を合わせてみてください。

なむなむ……(合掌)