10月7日土曜日、当社回向堂にて第18回法話会を開催しました。

説教師は射水市の覚円寺若院の青木哲隆師でした。

%e7%ac%ac%ef%bc%91%ef%bc%98%e5%9b%9e%e6%b3%95%e8%a9%b1%e4%bc%9a

『お念仏は誰のため』という題目で、浄土真宗で最も大切とされる

『仏説無量寿経』『仏説観無量寿経』『仏説阿弥陀経』の

3つのお経が誕生した由来や、仏様が誰のために説かれたものなのかを

ユーモアを交えながら分かりやすく教えてくださりました。

3000年以上も昔のお経一つ一つに物語があり、

それが現代まで語り継がれてきているという不思議さを

改めて感じることができました。

これからお寺様の行事等でお経を耳にすることがあるたびに、

今回お話いただいた物語が頭に思い浮かんでくるといいですね。

大越仏壇では、毎年7月末から8月初旬にかけて、
それぞれ担当地域の黎明・暁天講座に参加しています。

黎明講座・暁天講座とは、各地の寺院で実施される
早朝5時や6時から約1時間法話を聞く行事です。

まだ真っ暗な早朝、ひんやりとした空気の中で聞く法話は、
いつもより身に染みる気がします。
早起きは三文の徳と言いますが、
本当に良い「徳」をいただいているなと思います。

もし、ご近所のお寺の掲示板で「黎明講座」や「暁天講座」の文字を見かけたら、
みなさんも参加してみてはいかがですか?

法話を聞いた後の見事な朝焼けも、早起きの「徳」のひとつです。(鈴木)

妙寿寺法要1
5月29日、快晴の中 妙寿寺様にて法要が執り行われました。

当社で、ご内陣のご修復をさせて頂きました。
感謝状を頂いているところです。
妙寿寺法要2
法要が始まり、お稚児さんもたくさんあがられました。
妙寿寺法要3
妙寿寺法要4
また、あがりものや獅子舞もあり…
妙寿寺法要5
妙寿寺法要6
妙寿寺法要7
餅まきがありました。
たくさんのお参りの方で、境内がいっぱいです。
妙寿寺法要8
ご内陣のご修復で、長い間仕事をさせて頂きました。
あらためていい仕事をしているなぁ…っと思いにふけっています。
内陣修復もさせて頂いています。 大越仏壇 0766-64-3315

工場長
P1020681.jpg
須弥壇に金具を打っていきます。

お寺様に喜んでいただきました!寺院の仕事もお任せください。
大越仏壇

お寺様より、須弥壇の金具の修理をご依頼いただきました。
金具を外しまして、ちぎれた部品の溶接後→金メッキをかけました
修理前
金具修理前
修理後
金具修理後
金メッキした金具を須弥壇へ!
つづく…

1 / 51...最後 »